留学協会に寄せられた外国人留学生の主な相談事例をご紹介します。



①ビザの問題 母国に一時帰国しているが、ビザの期限が切れそうである。どのようにしたらよいのか?

A:留学協会相談員(行政書士)に確認をしましたら、対象となる3つの用件をクリアーしていれば、2011年8月まで在留sh各が延長されます。その他の特例措置も法務省のホームページに説明がございますので、確認をいただけますと幸いです。

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00021.html
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00026.html


②学校の問題 学校に通うのが不安であるが、(または親が止めるのだが)、学校の変更はできるか?

A:文部科学省に確認したところ、今後、そのような相談ケースは増えてくることは、想像できるが、統一的な対応のルールを作成はしていない状況です。今後の状況を見て文部科学省のホームページにも対応状況を掲載していく予定です。また、留学協会では、大学、入学日それぞれ個別のケースでアドバイスをしています。

③海外に一時帰国したが、荷物をすべて置いてきてしまった。どうしたらいいか。

A:滞在先の管理人にまず相談してみてください。解決しない場合は、協会スタッフがお手伝いすることも検討をしてきます。



3/31現在 寄せられた主な相談